有名人と遭遇したからといって冷静さを失わないように

有名人と遭遇したからといって冷静さを失わないように

街中で偶然に有名人と遭遇する

街を歩いていて有名人と偶然に遭遇することがあります。普段はテレビなどのメディアでしか目にできない存在が目の前にいるわけですから、写真やサイン、握手を求めてしまう人もいるでしょう。特にファンであった場合にはその傾向が特別に強いといえます。その後の行動は人によって異なります。実際に声を掛けてサインや握手を求めたり、あるいは遠巻きに見つめたりすることもあるでしょう。そうそうないことですので、運が良いことは確かです。

有名人にだってプライベートはある

いくら有名人と遭遇したからといって、安易に声を掛けるのは相手にとって迷惑になってしまう場合があります。有名人とて人間ですから、プライベートはありますし、見ず知らずの人にそうした時間を邪魔されたくないはずです。こっそり写真を撮影すれば不愉快な思いをするでしょうし、握手やサインを一人とすることで周囲を歩いている人が存在に気が付き、取り巻きが発生してしまう場合もあります。そうなるとプライベートな時間の妨げになってしまいます。

配慮を忘れないようにふるまう

飲食店に有名人が来店したことを従業員がインターネットで情報を拡散させてしまったことが問題となりました。このように配慮に欠けた行動が有名人に迷惑を掛けてしまうことがあります。また、街の中で声を掛けることで人だかりができて、交通の妨げになってしまう場合もあります。当事者以外にも迷惑になってしまうこともあるので、たとえ有名人に声を掛けても迷惑にはならないだろうと判断ができたとしても、周辺の状況をよく確認することを忘れないようにしましょう。

山本英俊氏と言う人物は、パチンコ台の卸業者の会社の取締役会長で、総資産額が380億円ある大富豪者です。