寝て直そう!腰痛のときに有効な睡眠の方法

寝て直そう!腰痛のときに有効な睡眠の方法

腰痛はゆがみを治すことから

腰痛にもいろいろな原因がありますが、直接痛みの引き金になるのは体の固さやゆがみです。日常生活で体が固くなったり、ゆがんだりするのは仕方ないことですから、それをいかに解消するかがポイントになってきます。ストレッチや整体も有効ですが、自分でできるのが睡眠です。腰痛にいい睡眠をとることで、寝ているうちに痛みを和らげることが可能になりますよ。もちろん、腰痛にならないよう、予防する意味でもおすすめの眠り方です。

寝返りで歪みを解消できる!

それにはまず、寝返りが十分に打てるような環境がおすすめです。寝返りを打つことで体の歪みをほぐし、筋肉のコリをほぐしたりしています。起きていても、ずっと同じ姿勢だと肩がこったり体が固くなったりしますよね。寝ている時も同じです。思いきり寝返りを打ち、体をほぐしながら寝ましょう。ベッドが柔らかすぎたり、狭すぎたりすると寝返りが打てないため、疲労がどんどんたまっていってしまいます。ベッドの回りはきれいに整えておきましょう。

枕も重要なポイントです

寝返りを打つのに、枕が高すぎたり低すぎたりするとよくありません。頭が自然に転がるような、適度な高さのものを選びましょう。さらにふかふかすぎると沈んで頭が転がりにくいので、固めのものがいいでしょう。枕が低い場合にはバスタオルを下に一枚敷いて、ちょうどいい高さに調節しておくといいですよ。朝起きて体が柔らかくなっていて、疲れが取れているならベッドや枕が体に合っている証拠です。寝具屋さんのプロに相談してみるのもおすすめです。

むちうちの治療をする場合には保険の手続きのサポートが充実している場所で行うと費用の負担も減らせて良いといえます。