うつ病かもしれない?!身近になった心療内科

うつ病かもしれない?!身近になった心療内科

最近調子が良くないと感じたら

会社勤めしていると、時には大きな仕事を任されてそれがプレッシャーに感じたり、また大失敗をおこない上司に叱責を受けたりと大きなストレスを感じることも多いです。それが原因になって夜に眠れなかったり、またそれによって会社に行きたくないと感じたりすることもあり、それが心身ともに影響が出てくることもあります。ただそのような状況になっていることを、自分自身が気づかないこともあり、最近ではうつ病の予備軍も多くいます。

早めに治療することが大切

そのために会社等では、今までとは違う症状が見えた社員がいた場合には、声をかけて健康状態を確認したり、また悩んでいるストレスの原因を一緒に取り除いたりすることが必要になります。しかしそれでも症状が良くならないと判断した場合には、早めに心療内科にかかることを勧めることが大切です。精神疾患によって自殺に至るケースも発生していることをかんがみて、専門医にかかることを勧めたり必要であれば家族だったり、また上司が一緒に病院にいくことも大切です。

うつ病は直らない病気ではない

昔の精神病院というイメージとは違って、最近では病院自体も心療内科という用語になり、病院のイメージも明るくて通信しやすい環境になっています。またそのような症状を訴える患者が多くなったために、心療内科やメンタルクリニックといった病院も昔と比較して増加してきて、より身近なものになってきています。早めに治療すればすぐに良くなることも多く、たとえうつ病になったとしても治療して治って通常通りに生活している人も多くいます。

うつ病の治療には心療内科に通院するのが良いです。専門医が話を聞き、それに合わせた治療と薬を処方してくれます。